1点を取る野球 -後編-

全力疾走で出塁したランナーが次にすること。それは次の塁を積極的に狙うことです。極端なことを言ってしまえば一塁ランナーは次の打者に対して投手が2球投げたあとに三塁にいることができるわけです。

そう、盗塁です。

もちろん走るのが苦手な選手もいるからみんながみんな盗塁できるわけではない。でも塁に出たら次の塁を狙う姿勢を大切にしましょう。

★一歩でも二歩でも、リードを大きくとる

★ [highlight]投球後の第二リード [/highlight]

キャッチーがちょっとでもボールを落としたらいつでも次の塁に行く準備を忘れないでください。

この準備、意識については選手たちがいつも言われていることだけど、監督やコーチが言わなくてもいいチームになって欲しいなぁ。

もちろん牽制でアウトになるのは怖いかもしれないけど勇気を持たないと同じことの繰り返し。チャレンジです。

三塁まで行ってしまえば1点はもうすぐそこ。当然のことですがゴールは三塁ではなくホームベースです。でも塁に出たら三塁を目指す。これはランナーひとりでできることです。そしてやっぱり不動パイレーツはそういうことが徹底できていました。

この[highlight] 進塁の意識が1点を取る野球には必要です。[/highlight]

心がけは普段の練習から。

 

さてさて明日は第二戦。グランドの状態が心配ですが・・・。

羽ばたけ、ペガサス!

目黒ペガサス

旧ホームページへのアクセスありがとうございます。 現在、目黒ペガサスは活動報告にFacebookを活用しています。 練習試合等のお問い合わせもこちらからお願いします。