開幕前夜

明日はいよいよ2014年のプロ野球が開幕です。ペガサスでも早速明後日、午前の練習の後に神宮球場でスワローズ VS DeNAベイスターズを観戦する予定です。そんな中でネット上の記事を読んでいたところ、まさにベイスターズの監督がこんなコメントをしていました。



『開幕すれば黙っていても緊張感は増す。そこでちゃんとしたプレーができるか。いいチームになったかは、そこから分かる』



それはいかがなものだろうか。これを読んで私は『ああ、今年もベイスターズはダメか。』と思いました。確かにキャンプやオープン戦と公式戦の緊張感は違うでしょう。でも、でもでも、キャンプやオープン戦は公式戦のための準備であって、ただでさえ近年結果の出ていない球団の監督が何を言ってるんだ、と朝から非常に嫌な気持ちになりました。





ペガサスに置き換えてみましょう。




確かに試合と同じ気持ちで練習や練習試合に挑むというのは難しいかもしれません。でもフリーバッティングをしている時、ただ来た球を打ち返すよりは、試合の1打席のつもりで、もっと言うなら、例えば劣勢の試合で回ってきた打順、ノーアウト、ランナー二塁、のつもりで、とか、ノックを受けている時も、バッティング練習中に守備に就いている時も、それが試合の意識でそこに立つことが試合に繋がります。



特にバッティング練習中の守備は自分の所に飛んでこなければ一歩も動かない選手が見受けられますが、一歩でも二歩でもボールのほうに動く。反応する。その動きがいざ自分の所に打球が飛んできた時の結果に繋がるのです。



さてさて、野球好きにとっては一番ワクワクするのがこの開幕前夜。ペガサスの選手も時間が許す限りテレビ観戦してみてください。



羽ばたけ、ペガサス!

目黒ペガサス

旧ホームページへのアクセスありがとうございます。 現在、目黒ペガサスは活動報告にFacebookを活用しています。 練習試合等のお問い合わせもこちらからお願いします。