勝ってこいよ!

選手たちを送り出すときにそう声をかけましたが、無反応でした。なんだろう、変なおじさん、に思われたかのような微妙な空気に包まれ、言ったこっちが恥ずかしくなりました。ま、恥ずかしがり屋の集団であることは知っています。でもやっぱりそういうかけ声に対しての反応は欲しいです。

 

11時から居残り組の練習を開始、アップしていたら帰ってきたAチームの選手たち。おいおい早すぎる帰還だな。結果は1−11のコールド負けでした。やっぱり3人しかいない6年生のひとりが欠けてしまうのは今のペガサスにはとても痛い。エースの不在をカバーしきれるほどまとまったチームではありません。でもコールドはなぁ。

 

送り出し時の励ましに対し、『はい!』と選手たちが元気に応じていれば勝てたのか。試合前に声を出して練習すれば勝てたのか、試合中に声を出して励まし合えば勝てたのか、ペガサスの選手は毎週のように『声を出せ』と怒られています。

 

(ほんとはもうこんな単純なことで怒りたくないのですが・・・。)

 

声を出せば勝てるのか。もちろん声出しが結果に直結するというものでもありません。

でもやっぱり恥ずかしがらずに一度でもいいから腹の底から思いっきり声を出してみよう。

 

 

スイッチが入ると思うんだけどなぁ。

 

 

羽ばたけ、ペガサス!

(マイナー戦についてはまた明日。)

目黒ペガサス

旧ホームページへのアクセスありがとうございます。 現在、目黒ペガサスは活動報告にFacebookを活用しています。 練習試合等のお問い合わせもこちらからお願いします。