バッテリー その1

クラウンズさんとの試合を通じて改めて感じたのはバッテリーの信頼関係の大切さです。

ユウタロウとジュンセイ、これからはユウタロウとナオキという組み合わせも出てくるかもしれません。新チームになってからの組み合わせです。自分も小学校時代はキャッチャーでしたが、やっぱりキャッチャーは我慢なんです。ピッチャーを気持ち良く投げさせてあげないといけない。そのためには投手のために、チームのために犠牲にならなければいけないポジションです。そうやって怒られたものです。

ユウタロウを見てるとそれはもう性格ははっきりしているピッチャーで、多くのことを考えさせてはダメ。投手も本格的に今年からで、キャプテンにもなったばかり、去年までとは180度違う立場で野球に取り組んでいるため、正直まだ周りを見たりする余裕がありません。(自分が凡退してスリーアウトチェンジになったのに、次の回もそのまま打席に向かってしまうほど)自分の中に入り込んでいます。

クラウンズとの試合、よーいどんで初回3点を失いました。失点にはバッテリーエラーが絡んでいます。

もちろん大人の立場、視点でこのブログを書いているのでこんなことを書くのは酷かもしれませんが、キャッチャーが、

もう!ちゃんとしたボール投げてよ!

と思ったらもう負けです。思ってないかもしれないけど。

どんなボールも止めてあげるから投げてこい!

この気持ちがピッチャーを楽にするのです。ピッチャーに気付きを与えるのです。



明日はもうちょっとこの話題を。


羽ばたけ、ペガサス!

目黒ペガサス

旧ホームページへのアクセスありがとうございます。 現在、目黒ペガサスは活動報告にFacebookを活用しています。 練習試合等のお問い合わせもこちらからお願いします。