2017年 公式戦 初戦。

全日本学童目黒区予選
vs 中根メッツ は 10-6 。開幕戦勝利、そして2回戦に進出です。

メ  230 01 | 6
ペ  612 1 ×  | 10

開幕のマウンドに立ったのは今年のキャプテン・トモヨでした。練習試合ではそこそこ安定していましたが、久々の砧マウンド。平坦な広場とは違うところで制球を落ち着かせることができませんでした。もちろん開幕という緊張もあったと思います。四死球、内野守備の乱れ、バッテリーエラーなどで2点を先制されます。裏の攻撃で6点を奪い返しますが、2回には3点返され再び1点差に詰め寄られる苦しい流れ。2回裏は2死からなんとか1点追加して再びリードを広げ、3回のマウンドにはソラ。この回を3連続三振でゼロに抑えます。


そして3回裏、1死から新3年生イブキが内野のエラーを誘う激走で出塁、盗塁で塁を進めると、2死になって初スタメン初出場の新4年生ヒサナが公式戦初ヒット、初タイムリー、初打点。意味のある追加点。


ソラのピッチング、イブキの全力疾走、ヒサナのヒット。
おお、田道小内学童保育クラブの児童たちじゃないか。


ヒサナの代走に送られた新2年生イツキにも公式戦初盗塁、初得点が記録されるナイスラン。イツキを見てると不思議ではないけど、でもこれが新2年生でできるってすごいことですよ。結局この回で2点を追加して9-5。実際ベンチにいる時はまったく先の展開が読めない試合でしたが、振り返ればこの3回表裏、メッツの追い上げを止め、リードを広げたられたことが非常に大きかったと思います。


ソラは結局4回もメッツに得点を許さず、5回表に1点返されましたが、最後のバッターも三振に打ち取ってゲームセット。Aチームの公式戦でマウンドにあがるのは初めてで(父目線では気が気じゃありませんでしたが)、なんとか勝利を手繰り寄せる力投をしてくれました。


開幕から本当にしんどい戦いでしたが、昨日に関してはコーチとしては勝った結果がすべてです。当然、反省しなければいけないことは多数あります。でも反省ばかりではなくて、チームが少しずつ変わろうとしている


【兆し】


みたいなのが見えた試合でした。そういうところへまた明日以降のブログで光を与えながら、2回戦を迎えたいと思います。

目黒ペガサス

旧ホームページへのアクセスありがとうございます。 現在、目黒ペガサスは活動報告にFacebookを活用しています。 練習試合等のお問い合わせもこちらからお願いします。