シュウジ。

今日はシュウジの誕生日です。
おめでとう、シュウジ。


秋になり、閉幕が見える中、ペガサスのここ数試合ですごく存在感を示してくれているシュウジです。3年生に助けられるAチームもどうかと思いますけど、監督の期待に応えてくれています。外野を守ればフライを取り、内野を守ればアウトを稼ぐ。

9月からしつこいほど言い続けた


『区長杯は決勝まで行く』


あまり戦績が芳しくなかった今シーズンですが、最後となるこの大会で二つ勝って、あと一つ勝てば決勝、というところまで進めている要因のひとつはシュウジの存在です。物怖じしない。この前のボーイズ戦もセカンドを守っていて相手の好打者の早いゴロ、自分の左を抜けようとしていくところをなんとか止めようと身体を倒しグローブ差出し、結局弾かれてしまいましたが、どうしてもまだまだボールが怖い、同級生、いや4年生、はたまた5年生がいるペガサスの中で気持ちの良いプレーを見せてくれました。その好打者の2打席目は同じようなセカンドへの速い打球に今度はしっかり対応してアウトに。

それにペガサスが奪った4点のうち2打点はシュウジが稼ぎました。


1回戦のオリオンズ戦でもこれ以上追加点は・・・という厳しい場面でセカンドゴロをさばいて冷静にセカンドで封殺。もちろん、ベースに入ったイブキも偉いけど、セオリー通りであることでも、ペガサスでそういうシーンをなかなか見てこなかったのですごく新鮮でした。

監督としてはやっぱり守ってくれる選手はありがたい。


どうしてもここ数試合のところがホットなのでそこにスポットを当ててしまいますが、言わなくても分かるでしょうが、日々の準備ですよ。性格的な負けん気っていうのは確かにあるかもしれない。ただ負けん気だけで3年生が好プレーできるほど野球も甘くないです。


こういう選手が3年生にいること。


4.5年生 が 危機感を持つ。
同級生 が 負けちゃいけないと思う。
2年生 が 追いつけるように頑張ろうと思う。
1年生  が かっこいいと思う。


ここが来年度のスタートなのかなと思いました。


ま、調子に乗って乗ったらもっとすごいプレーができるなら全然乗ってくれて構わないのだけど、調子に乗った時に人はポカをするものだし、停滞してしまうもの。活躍したら次の活躍のためにまた練習。ずっと練習。それを続けたらシュウジが6年生のころはペガサスもいい夢見れるんじゃないかなと思ったり・・・。



『区長杯は決勝まで行く』



リーグ戦で負けた相手と戦う初戦と2回戦、そして今年勝てていない相手と準決勝ですが、可能性はゼロではないし、根拠もありました。初戦はちょっと想定が外れてしまいましたが、打ち勝つ野球ではなくてある程度はディフェンスのミスを減らして勝たないと・・・と思っていました。いやむしろ当たり前のことだけど、ディフェンスのミスが少なければ勝機は訪れるんです。


3日(土)、準決勝。


戦い方は同じです。6年生は意地を見せる。そしてバックは全員でしっかり守る。全員で守る。大切な戦いです。


そこでもシュウジが監督の小さな夢を繋いでくれる活躍をしてくれると嬉しいです。



羽ばたけ、シュウジ!

目黒ペガサス

旧ホームページへのアクセスありがとうございます。 現在、目黒ペガサスは活動報告にFacebookを活用しています。 練習試合等のお問い合わせもこちらからお願いします。